2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

カテゴリー「PCオーディオ」の7件の記事

2020年10月27日 (火)

新PCとPebblesのノイズ

Pebblesのシーノイズのその後です。
約1年も前からの話ですが、ノートPCをリプレースしてからは、PCのファンの音の方が常に出ているため、Pebblesのシーノイズは全く気にならなくなりました。
世の中には静音PCと言うのがある様ですが、自分はそこまでこだわらないですし、良しとしています。
Newnotepcwithpebbles

2018年1月28日 (日)

Pebbles無音時「シー」ノイズの原因が判明!

Pebbles無音時のシーというノイズの原因探求で、
秋月電子の超ローノイズ可変電源から5Vを供給してみました。
若干ノイズが小さくなった気もしますが...
ノイズは消えませんでした。

結論としては、音の特徴も含めて、
「Pebbles自身のホワイトノイズ」(*1)が原因の様です。

 (*1)http://jbl-001.seesaa.net/article/434810512.html
   Pebblesはデジタルアンプとの事で
   PCのVolume設定に関係なく0%でも100%でも、
   一定音量のホワイトノイズが出ますが、
   それ自身が極小のノイズとの事らしいです。
   (そういう事かと、今頃気付く私...)

まあ、約5000円のスピーカーなのに、
音質で最高に頑張っている訳で、
多くを求めるべきではなさそうです。


・超ローノイズな5V電源を供給している部分

 2bcaedadfc3a4801aa2c7a61777eb1f7

・5V電源とPC、Pebblesの全体写真
 3e37fb664c674abdaa2bfd9e7af5daa8

2018年1月21日 (日)

Pebbles無音時ノイズの発生源探究...

やっぱり気になると止まらない性格でして、
Pebblesの無音時のシーと言うノイズの、
発生源をはっきりさせるべく、
超ローノイズ・プログラマブル可変電源キットという、
秋月電子のキットを見つけ、注文してしまいました。

この手のは持っていませんし、
1100円と安くいろいろ使えそうです。

入手したら、Pebblesの電源として使ってみます。
ノイズが減らなければ、Pebbles自身のノイズと言えますし、
ノイズが減ればUSB電源のノイズの影響と言えます。

・秋月電子の 「TPS7A4700使用超ローノイズ・プログラマブル可変電源キット」
Photo_2

2018年1月11日 (木)

PebblesへのUSBノイズフィルタ効果は、正直微妙でした。

先日の記事 Pebblesの無音時のシーと言う音を取るため、
DNF-10KをUSBの5V電源に入れてみました。

15cm位のUSB延長ケーブル(両端がAプラグとAレセプタクル)の中間を分解して、
赤線5Vを切り、黒線GNDとの間に、テスト的にDNF-10Kの部品を半田付けして、
ノイズが低減したか耳を近づけてみました。

ノイズが若干小さくなった気がする程度で、
正直、違いが分かると言える程ではありませんでした。

Pebblesのシーと言うノイズはUSB電源によらず出ているものなのか、
USB電源ノイズの影響を受けるもののDNF-10Kでは効果が少なかったのか、
良く分からない状況です。

試しにPCでの音量設定をゼロにしても上げても、
シーと言うノイズそのものは変わらないので、
Pebbles自身が出している可能性が高そうです。

時間と気力があったら、USB電源ではなく安定化電源で5Vを供給して、
Pebbles自身のノイズを聞いてみたいと思っています。

まあ、無音時で耳を近づけないと分からないノイズ音で、
音楽を聞いている時は気にならないので、
現状では対策なしのままにします。

DNF-10Kの部品(上)と、手持ちのUSB延長ケーブル(下)

 Ab1605bbfc2e4793a5e4eb06f5407567

・USB延長ケーブルに、DNF-10Kの部品を仮組みした
 C761f6b680254c11bd173b3c57dd63e5
 
・DNF-10Kの回路図(大進無線の資料
 Photo

・PCに接続して、ノイズがどうなったか聞いてみた。
 461749430258482db682ed19ee7af838
 正直、微妙! 効果なしかな。

2018年1月 4日 (木)

Pebblesの雑音対策を検討中

Pebblesですが無音の時にシーと雑音が出ているのが、
だんだん気になってきました。
(静かな部屋で耳を近づけないと分からない小さな音なので、気づかない方も多いと思います。)

ネットで調べたら、USBの電源ノイズが原因らしく、
試しに手持ちの別電源のUSBハブを経由して接続してみたところ、
ノイズが少し減った感じがありました。

また、PebblesをPCと接続し青ランプが点灯、
その後2秒位たってからノイズが出始めるのも分かりました。
おそらくフルスピード通信(*1)が確立し信号のやり取りが開始されると、
USB電源の変動が大きくなり、ノイズの原因(*2)になっているものと思われます。
これは無音時だけ聞こえ、音を鳴らす時は電源ノイズも大きくなるはずですが、
音に埋もれてしまいますので、実害がある訳ではないです。

自分としては、Olasonic TW-S7では気にもならなかった無音時のノイズなので、
原因とか対策方法とか気になりだしたのです。
気になり出すと止まらない性分なので、USB電源フィルタの自作を検討しています。
(市販のものもありますが、めちゃくちゃ高いので買う気になれません。)

電源フィルタの参考にできそうな情報(下に掲載)がありました。
簡単で効果がありそうなのが、DNF-30Kか、より小型なDNF-10K かな。
早速部品を大進無線へ注文しました。
USBのAプラグとAレセプタクルは手持ちのを分解して手作り予定です。
(逆にノイズが増えたとの情報もあるので、やってみないと分かりませんがそれも楽しみのうちです。)


参考
・効果抜群、USB電源ラインのノイズフィルタを自作
 http://magumataishi.com/blog-entry-525.html
・DCラインノイズフィルター  DNF-10K  組み立て部品キット  13.8V  10A (max)
 http://www.ddd-daishin.co.jp/dnf/dnf-10/dnf-10k.htm
・DC電源ライン・ノイズフィルター DNF-30K 13.8V 30A の作り方
 http://www.ddd.eek.jp/ddd/59-dnf-30k/index.htm
・USBオーディオ用USB電源フィルターの作成
 http://blog.goo.ne.jp/nishiyama0416/e/17dc6064152df8f522e6e3f9e7d52212



(*1)
USBViewでPebblesのDeviceDescriptorを見たら、Full-Speedでした。(Device Bus Speedの所)

Pebbles_devicedescriptor1

(*2)アイソクロナス通信は間欠動作でノイズ源となるので、バルク転送が良いとの情報もありました。
 http://www.stereosound.co.jp/news/article/2017/08/09/59415.html
 https://www.itf.co.jp/prod/audio_solution/bulk-pet

2017年12月28日 (木)

L型変換アダプタをPebbles用に改造

Pebblesの左スピーカー用ミニプラグが壁に当たって恰好が悪いので、
一工夫しました。

PCをよく移動させるので、
PCと左右のスピーカーを合わせた形に切った板(PC台)の上に載せて、
PCとスピーカをまとめて持ち運びます。
(Pebblesの前にOlasonicのを使っていて卵形で座りが悪いため、台を作りゴム紐で台に固定していた訳です。)

また、PCのCD/DVDドライブが右側にあるので、
Pebblesの右スピーカをあまり手前には配置できない状況です。

なのでPC台を棚に収納する際にPebblesの背面を壁に当てて置くと、
Pebbles左スピーカー用ミニプラグがまっすぐなので、もろ壁に当たってしまいます。
これでは、ケーブルに毎回圧力がかかってしまい断線とか危険な感じでした。
いくつかL型変換アダプタを買ってみましたが、
市販のものでは出っ張りが大きいのでやはり壁に当たります。

そんなこんなで自分の中ではだんだんと不満が膨らんでいました。

いろいろ考えているうちに、L型変換アダプタを分解してプラグとジャックに分け、
間を電線で繋ぎ電極部分をグルーガンで固め、
必要最低限にして出っ張らずコンパクトにしてしまうアイデアを思いつきました。

結果、収納時も壁に当たらずスッキリ収まりました。
もろ手作り感いっぱいですが目立つ所ではないので、
何とか満足できそうです。

まあ、分解とかしていると中身が分かるので、面白いですね。
市販のL型変換アダプタもジャックとプラグにまで分解すれば、
普通のストレート型延長ケーブルのジャックとプラグと同じものを電線で繋いで、
L型に樹脂で成形しているだけなのも分かりました。
特に100均のストレート型延長コードならどこにでもあるので、
自作用部品調達も楽できそうです。

・Pebblesと壁の間

F74493b1ae334d3dad4d5e10cb112a3c_2

・市販のL型変換アダプタとの比較
(左上が改造品、白いのはダイソーのストレート型延長コード)

0771c8385ea54c528973e76028eeac26_2

・Pebblesとの接続部分(プラグが出っ張らないので壁に当たらない)

C2498412752d423cbe08c326dffeec6e_2

2017年12月 8日 (金)

JBL Pebbles 良い買い物でした。

PCオーディオのスピーカーを買い替えました。

2010年12月から7年間使ってきたOlasonic TW-S7(W)は、
USBバスパワーのお手軽さで、音質もそこそこ良く気に入っていましたが、
コンポに繋いだJBL J316pro(中古)の自然な音に比べちょっと無理した音質なのが、
気になっていました。

少し前から気になっていたJBL Pebblesですが、
こちらも音も良さそうで評判も良く、値段も安いので買い替えました。

PCから離れるとTW-S7の様なこもった音ではなく、
自然で高音質な音が広がっています。
正面のニアフィールドではさらに定位もはっきりで音も非常にクリア、
低音もそこそこボリュームあります。
良い買い物でした。

音も良くなったし、気に入った音楽の発掘(図書館巡り)はまだまだ続きそうです。

・PCとPebbles
A026ae53516d440a87d8a8365ded42ff