2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

カテゴリー「パソコン・インターネット」の34件の記事

2024年2月26日 (月)

オンライン回路シミュレータCSAが日本語対応になった

今日、何気にCSAを起動したら、メニューなど日本語対応になっていました。
数日前までは、英語でしたので、この数日内でアップデートした様です。

以下、ワンショットリモコンシステムのシミュレーション回路のリンク起動の例ですが、
メニューバーには、ファイル 編集 追加 オシロスコープ オプション 電子回路 と日本語が並び、
右側には、リセット 実行/停止 シミュレーション速度 電流速度 と日本語が並んでいます。
各メニューの下層メニューも日本語になっています。
右下には、タイムステップの文字が見えます。  
Photo_20240226181901

元のフルスクリーンバージョン(以下)も日本語ですし、以前にリンクを作成して起動していたものも日本語で起動します。
Photo_20240226201601

ユーザーとしては、分かり易くて使い易くなったので、大変良かったです。

ファイル ⇒ About で見ると、バージョンは Circuit Simulator version 2.9.0js. となっていました。

オプション ⇒ その他オプション ⇒ 言語設定 で変更出来るようです。
Photo_20240226202001


参考
福野さんと言うIchigoJamを発明され、複数社の社長もされているすごい方の貢献のおかげの様です(下のリンク)。
この場で感謝のお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

ブラウザだけで動く電子回路シミュレーター「Circuit Simulator Applet」日本語対応 (jig.jp)
https://fukuno.jig.jp/4220

 

2023年12月 1日 (金)

Windows10高速化:システムファイルチェッカーと設定見直し

最近Windows10の動きが遅くなってきたので、以前実行してみたシステムファイルチェッカーを実施してみました。
コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、sfc/scannow を実行、終わるのを待つだけです。

今回はシステムファイルの破損が見つかり修復された様ですが、高速化・安定化されたかは、少し様子見しないとまだ何とも言えずかな。
Photo_20231201184201
ログファイルを見てみましたが、何がなにやらさっぱりです。

参考:Windows 10を更新したら速度が遅くなったときの解決策 | ライフハッカー・ジャパン (lifehacker.jp)


2023-12-6追記
数日使った感じでは、体感では2倍速までいかない程度でしたので、前回やった事もあるシステム設定の見直してみました。

設定⇒システム⇒詳細情報⇒システムの詳細設定⇒詳細設定⇒パフォーマンス設定⇒パフォーマンスオプションで視覚効果を選択⇒カスタムをチェック⇒「スクリーンフォントの縁をなめらかにする」だけ有効にする(下図)。

効きました。
もたもた感はかなりなくなり、たまに遅くなる時もありますが、割とさくさくになりました。


Photo_20231206195101

しばらく様子見ですね。
駄目なら次の手も考えねば。。。


2023-12-24追記
その後、同じKB番号のWindows10のアップデートを3回繰り返しても失敗する事があり、1週間程アップデートを停止させました。
アップデート停止中は、PCは割とサクサク動きました。
で、昨日再開させたら5時間ほどかかりましたが成功、その後も割とサクサクとPCが動くものの、システムファイルの破損等が気になり、再度システムスキャンを実施したところ、破損ファイルが見つかり、修復されました。
Photo_20231224133301

今のところサクサク動いています。
しばらく様子見ですね。

 

続報あればまた。

2023年11月 9日 (木)

自分メールアドレス発信を受信拒否に設定

PC上のメイラー設定では、偽自分発信迷惑メールを削除済みアイテムへ振り分け: my little topics (cocolog-nifty.com) しましたが、携帯でもPCメールが見れる様にしていて、今まで通り1日に何10通も自分メールアドレス発信の迷惑メールが来てしまいます。
海外からのビットコインで払えと言う昔ながらのメールですね。

煩わしくてしょうがないので、@niftyメールの受信拒否アドレス設定画面で思い切って、受信拒否にしてみました。
結果は良好、自分メールアドレス発信の迷惑メールが全く届かなくなりました

携帯でもPCでも、本当に自分で自分宛てに送信したメールなら、送信済フォルダに残るので、簡単に受信トレイに移動できます。
なので、実害はありません。


以下、黄色塗りつぶしの所が、自分のメールアドレス。
Photo_20231109132101

2023年9月 9日 (土)

6行テトリスにびっくり

何気にYoutubeをみていたら、6行で書かれたというテトリスの紹介が出ていました。
ネットで検索してみると、いろいろと出てきましたね。

【ゆっくり解説】テトリスが6行で書ける?!驚異のショートコーディング - YouTube
六行テトリス - Qiita
たった7行でテトリスを実装「七行プログラミング」とは - Qiita

6行も7行も、もはや理解の及ばない世界、すごい事ができる人がいるもんですね。素直にびっくり。

下カラー版7行のソースです。テキストをコピーして.htmlで保存してクリックすればブラウザ画面でテトリスが走ります。

<body id=D onKeyDown=K=event.keyCode-38><script>Z=X=[B=A=12];function Y(){for(C
=[q=c=i=4];f=i--*K;c-=!Z[h+(K+6?p+K:C[i]=p*A-(p/9|0)*145)])p=B[i];for(c?0:K+6?h
+=K:t?B=C:0;k=i=K=q--;f+=Z[A+p])X[p=h+B[q]]=t+1;if(e=!e)if(h+=A,f|B)for(Z=X,X=[
l=228],B=[[-7,-20,6,h=17,-9,3,3][t=++t%7]-4,0,1,t-6?-A:2];l--;)for(l%A?l-=l%A*!
Z[l]:(P+=++k,c=l+=A);--c>A;)Z[c]=Z[c-A];for(S="<b>";i<240;S+=(c=X[i]|(X[i]=Z[i]
|=++i%A<2|i>228))?"<b style=color:#"+142*c+">■":"_")i%A?0:S+="<br>";
D.innerHTML=S+P;Z[5]||setTimeout(Y,99-P)}Y(h=e=K=t=P=0)</script>

以下、画面例です。
Photo_20230909181801

2023年7月21日 (金)

MACアドレス登録は許可か制限か

ESP32でのWi-Fi Lチカの応答速度が気になって、今日Wi-Fiルーターを更新しました。

今まで使っていたのが NEC Aterm WG1200HP(2015/1/22発売)、今日から使うのが ELECOM WRC-2533GST2(2018/10/中旬発売と古い)です。

自宅のWi-Fiのセキュリティが気になるので、今までせっせと繋ぎたい機器のMACアドレスを登録してアクセスできる様にし、登録されないMACアドレスの機器からの接続は排除(制限)してきました。
なので、新しいルーターでも同じように接続したい機器のMACアドレスの登録をしましたが、なぜか繋がらない症状に悩まされました。
ただ、携帯(iPhone)では、プライベートWi-Fiアドレスにチェックを入れると繋がるが、チェックを外すと繋がらないのが分かったので、MACアドレス関係が怪しい感じがありました。

設定項目の役割を調べながらのチェックやカットアンドトライで、数時間程原因究明にかかりましたが、ELECOMのWi-FiルーターでのMACアドレスの取り扱いと私の認識のズレの問題が原因でした。

ELECOM WRC-2533GST2 ではMACアドレス登録は、接続を排除(制限)するためのものだったんです。

私の認識と全く逆なので驚いちゃいましたが、今までの認識のままMACアドレス登録をしてしまうと排除され繋がらない訳ですよ。


ELECOM WRC-2533GST2 の取説の抜粋です。下は拡大。
接続を拒否する機器のMACアドレスを入力とあります。
Photo_20230721184101
Photo_20230721184102

Aterm WG1200HPのマニュアルの抜粋です。
MACアドレスを登録した子機とのみデータ通信できるとあります。
2_20230721183601


しかしまあ、メーカー(あるいは製品の種類か)によって扱いがこうも違うのかとの思いです。

ただ、ELECOMでも機種によっては、拒否か許可かを切り替えられるのもある(*1)ので、たまたまNifty光のキャンペーンでもらったWi-Fiルーターが拒否設定限定だっただけかもしれません。
まあ、当時発売から約1年半ほど経過した9000円相当のルーターをもらった訳なので、文句は言えません。

近年ではMACアドレスは簡単に調べられ、セキュリティ強化にならないとの情報も結構見つかるので、私の認識が古いままなのでしょう。

ELECOM WRC-2533GST2 でのMACアドレス登録は止めて、セキュリティ強化でステルスを有効にしました。
SSIDが見えませんが、最初だけ手動入力で繋げれば、繋がった事のあるSSIDへの自動接続機能があるので、そんなに困らない感じです。

 


参考

Wi-Fiの「プライベートアドレス」をオフにするとどうなる? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース (mynavi.jp)
MACアドレスフィルタリングとは – Wi-Fiの使い方初心者用ガイド | Wi-Fiの使い方~ワイファイ初心者用ガイド~ (manualjp.com)
MACアドレスフィルタリングって何?【“Wi-Fiの困った”を解決:基本編 第8回】 - INTERNET Watch (impress.co.jp)
・(*1)【エレコムルーター】MACアドレスフィルタリングを設定したい (elecom.co.jp)
 Photo_20230722181201

2023年5月20日 (土)

USB-IO2.0(AKI)とVBが動いた

時間があったので、入手済のUSB-IO2.0(AKI)の使用環境を整備しました。

以前に目を通し、やってみようと考えていた記事の通りに、VisualStudio Community版をインストール、最新版と思われる2022版がインストールされました。
USB-IO2.0(AKI)もPCに繋ぎ、付属の制御アプリを起動し、出力1端子だけですが、1か0の書き込みで5Vと0Vの電圧出力が確認できました。

まだ、それぞれ単独で動かせただけで、VBからUSB-IO2.0(AKI)の制御はまだできていませんが、先ずは環境が整備できました。


以下、VisualStudio Communityのライセンス画面。
Account

Visual Studio内で言語にVisual Basicを選択して、プロジェクトを作成、メッセージボックスで"Hello Basic"を表示させた画面。
Vb

 


USB-IO2.0(AKI)も動きました、制御アプリも動いて、J1の0ビット目の出力を5Vと0Vにできるのが確認できました。

PCのUSBにMicroBで繋いだUSB-IO2.0(AKI)です。
Img_9398

制御サンプルアプリ画面で、J1 0bit に0を指定すると、0Vになります。
Img_9396Img_9397

同じく、1を指定すると、5Vが出力されます。
Img_9393Img_9392


やってみたら、あっけなくできました。

さてUSB-IO2.0(AKI)とVBで何を制御してみますかね。

もやもや構想始めねば...

 

続報あればまた。

 

偽自分発信迷惑メールを削除済みアイテムへ振り分け

自宅PCに届く迷惑メールがすごく多くなってきました。
その多くは、自分のメールアドレスから発信された様に見える特徴があります。
普通なら受信拒否すると本当に自分が発信した自分宛てのメールが消えてしまうので、対策は厄介に思えます。

通常メールと一緒に受信トレイに入るため、毎日数10通もの迷惑メールを通常メールと区別しながら削除するのは面倒です。
迷惑メールは中身は見ずに削除するのが安全なので、振り分け条件を設定し削除済みアイテムへ最初から放り込んでみました。

結果は成功、受信トレイはすっきりです。
本当に自分が自分に送ったメールなら、送信済みアイテムにもありますし、区別できるので大丈夫ですね。


やり方は、以下です。

Outlookのファイル→情報→仕分けルールと通知を開く
1_20230520073801

新しい仕分けルールを作成し、アドレス帳から自分のメールアドレスを選択削除済みアイテムフォルダーへ移動を設定2_20230520073801
Photo_20230520081401
上記の赤い所が自分になっていればOK。

これだけです。
受信トレーに入らないので、すっきりです。

削除済みアイテムに入った未開封メールがどう処理されるのかまでは未確認ですが、先ずはこれで様子見です。


2023-5-28追記
削除済みアイテムに入った未読メールはそのまま残る様です。
自動的に削除されても問題ないので、何か方法がないかと調べたら、フォルダのプロパティで設定できるのが分かりました。

2日間は保存し、その後削除する設定にしてみました。
Photo_20230528182801

これでどうなるのか、先ずは様子見です。



 

2023年2月20日 (月)

ブログ記事に便利なツール

PCのソフトをなるべく入れたくないので、ブログ記事に使っているツールです。
Windowsの標準プレインストールのソフトやオンラインソフトになります。

・画面コピー
 画面上の任意の領域の切り出しや、開いているWinodowの切り出しなど、何でも使える。
 Windows アクセサリー ⇒ Snipping Tool

 サイズの変更なども、画面に表示させて拡大縮小して、再度切り出しで対応
 切り取り&スケッチと言う後継ツールもあるようですが、Snipping Tool が使い慣れているし。

・動画撮影
 Windowsキー+G ⇒ Xbox Game Bar で録画
 Photo_20230220181901

・動画サイズや容量削減・音声カットなど
 オンラインソフトのVideoSmaller

・動画編集 オンライン動画編集
 無料オンライン動画エディター&メーカー | Canva

・動画の回転 オンラインソフト
 オンラインで動画を回転させる方法 | Clipchamp Blog

・表内の背景の色付けに便利なHTMLカラーコード
 HTMLカラーコード (html-color-codes.info)
 

2023年2月18日 (土)

オンライン回路シミュレータCSA

誘導モーター コンデンサラン型を使った換気扇の抵抗による強弱切替に成功し、現在の製品でも使われている事例を見つけました。

製品事例では、抵抗に並列にコンデンサが接続されていたので、その役割を考えている中で、オンラインで使える回路シミュレータを見つけました。

Paul Falstad の Circuit Simulator Applet

と言うもので、ブラウザ上で動かせます。
使ってみると、簡単便利でとっても分かりやすく、お手軽シミュレータとして活用できそうです。

2024-2-26追記 日本語対応になっていました。

 


起動直後の画面が以下です。
1_20230219172801

モーターの等価回路が分からないので、適当にインダクタンスと抵抗で記載し、弱時の抵抗とコンデンサを追加し、スイッチでオンオフを切り替えての電圧や電流を観測する回路を作りました。
2_20230219172801

一番上が強弱切替スイッチ、上から3つ目がコンデンサを繋いだり切り離したりするためのスイッチです。
波形は上から、抵抗の電圧・電流、コンデンサの電圧・電流、インダクタンスの電圧・電流です。

回路を作るのは、メニューから部品を選んで配置、細かい位置決めをShiftキーを押しながらドラッグ、値を変えたりスライダーで値を変えながらシミュレーションしたりと、マニュアルもほとんど読まずに直感的に編集・操作ができるので、すごく分かり易いです。

波形表示も、Unlocked Scope で配置し、左上・右下の水色の四角を移動させれば任意に配置できます。

使い初めでは、部品の接続エラー(bad connection)が良く出ましたが、部品を選択すれば端子がになるので、接続端子の白い点に繋ぎ直せばOK。

シミュレーションを実行しながら、スライダーを追加して、値を変えたり、スイッチを操作したりしている動画です。

リアルタイムに結果を波形でも確認できますし、各部の電圧の正負の極性で色が変わり、電流の流れも見え、視覚的で非常に分かり易いですね。

RUNでシミュレーション開始、Stopで停止、シミュレーション速度を早くしたり遅くしたり、回路の編集や値の変更などシミュレーション中でもできます。

回路の保存や読み込みももちろんできます。
上記回路を Save as... で保存すると、テキストファイル(下)で保存されました。

$ 1 0.000005 38.696464541249114 50 5 43 5e-11
w 176 144 176 208 0
w 384 352 176 352 0
w 176 352 176 320 0
v 176 304 176 208 0 1 50 140 0 0 0.5
w 176 304 176 320 0
g 176 352 176 384 0 0
w 368 144 384 144 0
l 384 192 384 256 0 0.1 0.3420303112104322 0
w 384 80 384 144 0
c 304 144 368 144 0 0.00036064000000000007 0.0017268828199092923 0.001
r 384 256 384 352 0 200
403 432 192 656 256 0 7_64_0_4099_80_0.8_-1_2_7_3
403 432 128 656 192 0 9_64_0_4099_0.0048828125_0.00009765625_-1_2_9_3
w 176 80 176 144 0
r 320 80 240 80 0 25.75
s 176 144 304 144 0 1 false
w 240 80 176 80 0
s 176 16 384 16 0 1 false
w 176 16 176 80 0
w 384 80 384 16 0
w 320 80 384 80 0
403 432 48 656 112 0 14_64_0_4099_20_0.8_-1_2_14_3
w 384 144 384 192 0
38 14 F1 0 1 100 -1 Resistance
38 9 F1 0 0.000001 0.001 -1 Capacitance

検索すれば、役立ち情報もたくさんありそうです。
はまりそうな気配を感じます。
PCにはなるべくソフトをインストールしたくないので、オンラインは助かります。

還暦過ぎのボケ防止・頭の体操にも丁度良いアプリです。

もしオフラインでも使いたい場合は、スタンドアローン版をインストールすれば使えるようです。

GitHub - pfalstad/circuitjs1: Electronic Circuit Simulator in the Browser

きっと天才的な方が作られたんでしょうけど、時代は進歩しているんですね。こんな便利なのが使える今の時代は何と恵まれている事かと素直に感心しています。
学生の頃は、電気電子の実習で指針が動く電圧計や電流計、大きな機械の発信器など使って実験、結果を記録しグラフ用紙に雲形定規で線を引いていました。
Fortranの実習ではコーディングシートなる紙にプログラムを書いて、県内にあった計算機センターに持ち込んでもらい印刷された結果を見ていました。
会社に入ってからは回路シミュレーションは大型計算機に紙テープへの穴開でSPICEネットリストを読み込ませたり、パンチカードに穴を開けて読み込ませたりしてシミュレーションを実行し、数時間後にプリンタに記号で印刷されたグラフで
結果を見ていましたよ。PCなんてありませんでしたしね。


情報源
Circuit Simulator Applet (falstad.com) ⇦Edge上で日本語に訳せるので一通り見る事をお勧めします。
https://www.bait-consulting.com/publications/circuit_simulator_manual.pdf ⇐ Manualもある様です。
Make:Japan | ウェブベースの回路シミュレーター (makezine.jp) Make:Japan 2015年の紹介記事
【第2回】初めての電子回路シミュレーション - ゲームを作ってみませんか? (hatenablog.jp)
電流の流れがリアルタイムで分かるWebベースの 回路シミュレーター Circuit Simulator Applet 使用方法 | mgo-tec電子工作
【第一回】電子回路シミュレータCSA超入門『導入編』 - YouTube ⇦見つけた中では一番古い11年前の情報。ずいぶん前からあったみたい。
GitHub - pfalstad/circuitjs1: Electronic Circuit Simulator in the Browser  開発用のGitHub
GitHub - hausen/circuit-simulator: Paul Falstad's circuit simulator (with improvements) 改良版のJavaソースも公開されている様です。

2022年9月29日 (木)

簡単便利な video smaller

iPhoneで動画を撮り、PCでブログに貼ると縦横サイズを自由に決められないし、ファイルサイズも大きくてPC負荷も重くなるしで、多少難儀していました。

PCのアプリはいろいろとあるでしょうが、PCクラッシュとOS再インストールを一度経験してしまうと、いろいろとアプリを入れても駄目になったときに再現するのが大変そうで、今更探してインストールする気にはなれません。

いろいろと調べているうちに、オンラインで無料で使えるサイトがある事が分かりました。
早速ブログへの動画貼り付けで使い始めました。

ブログで気になる横サイズだけ320とか400とか入力すれば、その横サイズでファイルサイズも10%以下には圧縮されるので簡単便利です。
音だけ消したり、低圧縮(高品質)を指定したりもできます。

Webサイトは以下、VideoSmaller というものです。日本語ですし操作も最低限に限られるので迷う事もありません。

動画のファイルサイズをオンラインで小さくする、動画をオンラインで圧縮する (MP4, AVI, MOV, MPEG) | VideoSmaller
https://www.videosmaller.com/jp/

Photo_20220929222901