« ワンショットリモコンシステムをTinyBasicでIoT化 | トップページ | ★★タイニーBASIC GPIO+AnalogIOの簡易拡張成功 »

2024年3月31日 (日)

タイニーBASICの簡易拡張準備-4 拡張関数の仕様を策定

前回検討した各GPIO割り当て表の作成に続き、今回は拡張する関数の仕様を策定してみました。

拡張関数名、書式、引数とその設定範囲など明確化したので、実際のコーディングのイメージもはっきりしてきました。
Table
 尚、ライブラリのバージョンは Arduino ESP32 version 2.0.15 (現時点のLatest版)を使っています。

時間がある時に、コーディングとデバッグ、各設定値の実機検証など進めたいと思います。

ADC入力は、アッテネーション設定毎の、アナログ入力値とAD変換値との関係など、実験が必要そうです。
LEDC(PWM)波形出力は設定項目が多く、各種周波数・Duty設定での波形観測など必要そうです。
PWMに関し、以下が分かり易く参考にしました。
 PWM制御とは?Arduino(ESP32)コマンドで使い方を詳しく紹介 | ロジカラブログ (logikara.blog)
また、DACはWiFi(ADC2)と同じGPIOを使うので、手持ちの環境で使えるか否かも。


続報あればまた。

2024-4-1追記 アナログ込み簡易拡張成功しました。

 

« ワンショットリモコンシステムをTinyBasicでIoT化 | トップページ | ★★タイニーBASIC GPIO+AnalogIOの簡易拡張成功 »

電子工作:ESP32 TinyBasic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワンショットリモコンシステムをTinyBasicでIoT化 | トップページ | ★★タイニーBASIC GPIO+AnalogIOの簡易拡張成功 »