2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 為替相場の長期トレンド | トップページ | ZEEWEII DSO3D12を注文 »

2024年2月 9日 (金)

足の痺れや痛みの原因と対策

前回の記事で見えてきた、筋肉のこわばりが痛みや痺れの原因と言うのを信じ、もみほぐしたら症状の緩和がありました。
元の記事では、筋肉と神経と関節の3つのアプローチの記載もありました。
脊柱管狭窄症・すべり症 - 五反田で 腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、肩こりでお困りまりなら望月治療院へ (mochizuki.xyz)

別の記事では、筋肉のこわばりが強くなる要因は、神経の疾患との記事もあります。
不快な”体のこわばり”はなぜ起こる? | 訪問看護ブログ | 株式会社 メディケア・リハビリ (medi-care.co.jp)

過還暦ですし神経の修復には時間が掛かるでしょうから、先ずは運動とストレッチ・もみほぐしで症状の緩和をするのが必要ですね。

昨日見つけたYoutube動画では、ふくろはぎの外側の痛み・しびれの解消に効くストレッチの方法が紹介されていて、
右側だけ試しに30秒やったら真に瞬間で効いて痛みが消えました。
└ 【脊柱管狭窄症の治し方】ここを全部ストレッチすると足のしびれや腰痛は改善する (youtube.com)

今までのもみほぐしでは一時的にしか痛みが消えなかったのに、
割と長い時間(まだ半日程度ですが)に渡り症状の再発がありません。

これ!今までのストレッチの中では一番効果てきめんです。
これはもう取り入れるしかありません。
今後 運動・ストレッチ・もみほぐし・正しい姿勢を継続していけば良さそう。
それで表の症状を軽減しながら、神経が修復すれば完治しそうな予感がしてきました。

で、今まで見てきた情報から、自分の症状(ふくろはぎの痛みとしびれ)の各要因には、因果関係的なものを感じます。
簡単ですが、自分なりに図にまとめてみました。
少しでも分かり易くしたいので、水に浮かぶ人の絵にしてみました。
・赤のおもりが大きくなると沈んで苦しくなり、
・青の風船が大きくなると浮いて楽になる
大事なのは因果関係を意識して、赤の重りを青の風船で引っ張り上げて、体が沈まない様にバランスさせるイメージです。
図の中でどうしようもないのが高齢化で、運動で筋力の衰えを抑えていくのが、過還暦では大事なんでしょう。
Photo_20240209163001

ネットではいろんな記事や情報がありますし、本屋に行けば、脊柱管狭窄症とか何とか神経痛とかの、いろんなストレッチの仕方の解説があり、何でこんなにいっぱいあるの? やっても効果は感じなかったけど? いったいどれが効くの? と疑問が膨らみます。

人それぞれ原因も症状もさまざまで、これだけやれば効くと言う万能ストレッチなんてなくて、自分の症状の真因を見極め、それに見合ったストレッチを見つけ出し、実践する必要があると思います。ここまで辿り付くのに私は約1年半程かかりましたね。

手短には、ぎっくり腰でもお世話になった整体院で、今の症状にあったストレッチの指導を受けるのが近道なのかも知れません。

AIが発達すれば、細かい症状や生活習慣、幾つかのストレッチでの改善状況をヒントに、ケースバイケースで根治療法的な回答が得られる気がする。

 

注意:素人考えで、個人の経験によるものであり、効果を保証するものではありません。


続報あり。

« 為替相場の長期トレンド | トップページ | ZEEWEII DSO3D12を注文 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 為替相場の長期トレンド | トップページ | ZEEWEII DSO3D12を注文 »