« ワンショットリモコンのIoT化:成功 | トップページ | ESP32でTinyBasicが動いた »

2023年6月26日 (月)

ESP32で走るTinyBasicの準備

ネットでいろいろと調べていると、面白いのが見つかります。
ESP32でもTiny Basicを走らせる事が出来るようです。

TOYOSHIKI Tiny BASIC for Arduino(ESP32/ESP-WROOM-32) WiFi Telnet対応版

と言うもので、GitHubにソース等が置いてあります。
GitHub - robo8080/ttbasic_ESP32_WiFiTelnet: ESP32 WiFi Telnet対応版 豊四季タイニーBASIC
 ソースファイルは ttbasic_ESP32_WiFiTelnet.ino と basic.cpp の2つなので、スケッチのファイル分割が必要そうです。

変更すべき点とTelnetとの接続は、
・basic.cppのssidとpwを自分の環境に合わせる。
・ESP32のIPアドレスはArduino IDEのシリアルモニタで確認
・Wi-Fi経由Telnet接続、ポートは10001。

動作確認をWindws10+TeraTermで行ったとの事なので、TeraTermを使うのが安心できそうです。
Tera Term の使い方 | SEECK.JP サポート
https://qwerty.work/blog/2019/02/teraterm-ssh-telnet-default-setting.php

ESP32-WROOM-32とESP32-WROVER-EはSRAM容量差くらいしか違わないはずなので、
時間がある時に、動かしてみようかと考えています。

続報あればまた。

2023-6-29追記 豊四季TinyBasicが動きました。


Arduino版もあるようです。
GitHub - Tamakichi/ttbasic_MW25616L: 豊四季タイニーBASIC for Arduino機能拡張版(+ VFD MW25616L対応)

参考
■昔は、ESP32のGPIO12を3.3Vに10KΩでPullupするとTinyBasicが起動できたらしいです。
Easter Egg of ESP32 | macsbug (wordpress.com)
ESP32-WROOM-32 (ht-deko.com)
大和通信の技術力 : ESP-32でTinyBASICの起動を試しました。 (blog.jp)
■残念ながら今はセキュリティが強化されて出来なくなっているようです。
ESP32-WROVER-E/ESP32-DevKitC-VE ● Disable ROM Basic の件 - CT5002 dellbee's blog (fc2.com)
Making use of the built in BASIC interpreter - Page 2 - ESP32 Forum
 └EspressifのForumで簡単な理由の記載(下)を見つけました。
 Photo_20230708134201

ESP-WROOM-32 と ESP32-WROVER-B(B とE の違いはChipのバージョン) の違いは、WROVERが8MB PSRAM付
 https://kohacraft.com/archives/202004011018.html

« ワンショットリモコンのIoT化:成功 | トップページ | ESP32でTinyBasicが動いた »

電子工作:ESP32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワンショットリモコンのIoT化:成功 | トップページ | ESP32でTinyBasicが動いた »