« 縦型反射テープの貼り方の問題点が発覚 | トップページ | 再帰反射水位標:第3弾の変質劣化が判明 »

2022年11月17日 (木)

足のだるさやしびれの解消方法

還暦過ぎると、体にも少しづつガタが来るのでしょうかね。
半年前ごろから、ふくろはぎを中心に足がだるくなったり、しびれたり、感覚が少し鈍くなったりしてきました。
Youtubeやネット検索でいろいろと情報をあさっていましたが、やっと自分の症状の原因が分かってきました。

足がだるいときは、 マッサージですっきり解消! (taisho.co.jp)
Photo_20221118194901

ふくろはぎの第2の心臓の機能が弱り、老廃物が溜まっている症状の様です。

私の場合ふくろはぎを揉む事で、だるさやしびれがスーッと引き、かなり改善させる事ができる様になりました。

タバコは吸うし血管にも良くないのでしょう。
仕事で体はわりと使いますが、意識していろんな筋肉を動かすとかしていないので、年相応に筋力は弱く固くなるのでしょう。


2022-12-28追記

起床したばかりでもだるさや痺れが出る時があるので、老廃物が溜まっている症状とは考えにくいとうすうす感じていました。
先日健康診断があり先生に聞いてみました。

私  「足の痺れやだるさがあり揉むと症状が柔らぐんですけど、何でしょうね?」

先生 即答で「腰を痛めるとそうなりやすいですよ。」

私  「なるほど何度もぎっくり腰をしましたし、仕事でも良く腰を痛めます。」

先生 「神経が圧迫されているんですよ。症状がひどくなったら病院に行った方が良いですよ。ひどくなければそのままでもまあいいですよ。」

私  「分かりました。ありがとうございました。」

さすがに医者ですね。当たっていそうです。

腰の椎間板の軟骨が飛び出て神経に当たり圧迫、急な痛みで動けなくなるのが「ぎっくり腰」なら、ずっと続けば「椎間板ヘルニア」、私の場合はその中間で、座っていれば症状が弱まる「腰部脊柱管狭窄症」って感じです。

ぎっくり腰をした時に整骨院で教わったストレッチでの椎間板の軟骨矯正と、腹筋などで腰辺りの筋肉強化をしないといかんなと思う、今日この頃です。

参考:首や腰の痛み、手足のしびれでお困りの方へ・主な疾患 | 一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会(一般の皆さん) (jssr.gr.jp)


2023-9-24追記
脊柱管狭窄症の改善には、筋肉をほぐすのが有効で、3種類のストレッチをそれぞれ10回やる事で、楽になると言うYoutube動画を見付けました。
脊柱管狭窄症を劇的に改善する体操 - YouTube
Photo_20230924064901

これやってみると、確かに痛みやしびれが結構弱くなり、楽になります。
簡単なストレッチなので、続けられそうですし、割とどこでもできそうです。


2023-10-24追記

右膝裏の痺れや痛みが酷くなり、休み休み歩く感じになってきたので、病院に行ってきました。
MRIは予約一杯で、レントゲンしか撮れませんでしたが、お尻辺りの第4腰椎と第5腰椎の間のズレを確認。
長年の姿勢の悪さと運動不足が、この年になって症状として表面化したんでしょう。
Img_9781
Img_9782
高岡整志会病院さんの脊髄のページから拝借した分かり易い図 www.takaoka-seishikai.jp

先生からは運動不足で筋力が弱くなり、背骨の形を正常に保てなくなっているのが、そもそもの原因。
とにかく筋肉を鍛えろと辛口の先生から強く言われました。
まあ、ストレッチでは一時的にほぐせても筋力を付ける訳ではないですね。
コンドロイチンの錠剤効きますか?と聞いたら、運動不足な奴がそんなのに直ぐに手を出すんだと辛口コメント。

辛口先生の言葉が結構効いたので、病院から帰って直ぐにいろいろ始めました。
・腹筋運動 1日60〜100回
・多少のストレッチ
・シックスパッドで腹筋強化 1日23分を1〜2回
・コンドロイチン配合錠剤を飲む
・風呂に長めに入り体を温める
・小さめのカイロを腰に毎日貼る
・椅子に座る時はお尻を背もたれになるべく付ける
・最初の2日だけコルセットを腰に巻いた

2週間目ですが、膝裏のしびれや痛みがだいぶ治ってきました。
日が経つ程に症状が軽くなるので、効果が実感できています。
体感では腹筋運動が一番効いていそうかな。

見た目では分からない筋肉と年齢の関係 - 一般財団法人日本ヘルスケア財団 (active-healthcare.jp)
では、以下のグラフがあります。中高年は意識して筋力の維持・強化をしないと身体機能に支障を来すんですね。
Photo_20231024103601

今日はMRI撮影で、明日先生の診断予定で、続報予定。


2023-10-25追記
今日MRIの結果を踏まえて先生の診察を受けました。
「レントゲンとMRI、実際の症状からして脊柱管狭窄症で間違いないだろう。」との事。
腹筋運動やシックスパッドを2週間程度やっていて、だいぶ症状が緩和してきたのも伝えました。
筋力運動を継続していき、どこかで症状が悪化したら再度受診する感じで良いかと聞いたら、「それで良いとの事」。
下の写真がMRI画像で、左の白い線の所が一番脊柱管が狭くなっている所、右がその部分の断面。
右の写真の中央やや下、黒い楕円が椎間板でその直ぐ下と、▽形の白い所の間の、ぶつぶつに見えるのが神経の束との事。黒楕円の椎間板が神経を押している様です。
Img_9794

この写真って、どこかで見たなーと思っていたら、
日本脊髄外科学会の「腰部脊柱管狭窄症」の説明のにあるMRI画像にそっくりでした。
腰部脊柱管狭窄症|一般社団法人日本脊髄外科学会 (neurospine.jp)
Photo_20231025134901
こりゃーもう、腹筋運動等継続し、とにかく筋力の維持強化をしていくしかなさそうです。
所詮、ストレッチって一時的に体をほぐして症状の軽減はできても、筋力を鍛えるものではないですしね。


2023-12-24追記
病院での診断に前後して約3か月間、毎日60回程の腹筋運動と多少のストレッチを継続してきました。
だいぶしびれの症状は改善してきていましたが、先日足の痛み・しびれが再発してしまいました。
台所の食器棚に取り付けていた引き出し台のスライドレールが錆他で汚れてきていたので、取り替えの作業をしている時に、腰をねじり気味にした事で、再発してしまった感じです。
腹筋運動は、表層の筋肉を鍛えるものの、インナーマッスルをさほど鍛えていないのではと思えてきました。
ネットで調べ、脊柱管狭窄症に効く筋トレがあったので、こちらに切り替えて筋トレを継続していこうかと思っています。

脊柱管狭窄症に筋トレは有効?効果的なスクワットについて腰痛専門医師が徹底解説 | NLC野中腰痛クリニック (nonaka-lc.com)

昨日見つけた記事では、スクワット等を勧めるもので、今朝からスクワットを始めました。
初日の感想としては、確かにしびれが和らぎます。

どうも、脊柱管狭窄症改善の解説記事や動画では、ストレッチの仕方を説明するのが多いですが、筋力アップのスクワットが効くと言うのは余りなさそうですし、そもそも腹筋運動が脊柱管狭窄症に効くなんて記事を見た事もなかったかな。

ははは、素人考えのツケですね、スクワット頑張ってみます。

 

注意:私は医者でも医学の知識もない素人なので、誤りや解釈違いが含まれている可能性があります。


2024-1-8追記
筋肉のこわばりが痛みやしびれの原因との記事を発見し、揉んだら劇的に痛むやしびれが消えたので、続報として別記事で記載。

 


参考:脊柱管狭窄症診断サポートツールあれこれ(ネット検索で診断サポートツールがいろいろと見つかりました)
・日本腰痛学会 腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール (jst.go.jp)
・日本脊髄脊椎病学会 腰部脊柱管狭窄症の診断サポートツールまとまる:日経メディカル (nikkeibp.co.jp)
・日本脊髄病学会 腰部脊柱管狭窄症の自己診断 (m-junkanki.com)
・神奈川県版 201201410550009.pdf (biosciencedbc.jp)
・脊柱管狭窄症ひろば 自己診断チェック https://kyousaku.karadane.jp/articles/entry/basic/intro/006138/
個人的には最後のが、一番役立ちそうかな。

 

続報あったらまた。

« 縦型反射テープの貼り方の問題点が発覚 | トップページ | 再帰反射水位標:第3弾の変質劣化が判明 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 縦型反射テープの貼り方の問題点が発覚 | トップページ | 再帰反射水位標:第3弾の変質劣化が判明 »